煙草を「やめたい」アンタへ

語り部「草井泰秋」による喫煙と禁煙とブログと雑記

スポンサーリンク

009-ニコチン中毒

 

おやおや、まだ読む気かい?

 

まったく、アンタってヤツは、

よっぽどの変わり者か、

よっぽどタバコをやめたいか、

どちらかだな…

 

まぁ良い、それじゃあ「ニコチン中毒」の話でも始めるか。

 

おっと、「何の話か判らない」って言うアンタ、

悪いがこの記事(↓)に戻ってくれ。 

k-taishuu.hatenadiary.jp

 

 

…さて、準備は良いかい?

 

前にも書いたが、

ワタシが煙草を吸っていた当時に、「吸いたくなる理由」だと考えていたのは、「ニコチン中毒」だ。

 

だから、「吸わない」連れの部屋に居る時、どうしても煙草を吸いたくなって、寒い夜に部屋の外に出てまでもして、何とかタバコにありつこうとしていたモノだ。


f:id:yukihori-oyaji:20171111175120j:image

 

1日に1箱吸うとして、18時間程度は起きているわけだから、たったの1時間も我慢できずに、何とかして煙草にありつこうとしていて居たワケだ。

 

 悪いのは「タバコ」で、「ニコチン中毒」がワタシにそうさせている、と信じていた。

 

 

…でもある時、ふと気付いちまったんだ。

 

本当にニコチン中毒なら、6時間も我慢できない筈だ...

 

 

「6時間」、それは寝てから起きるまでの時間だ。

そんなに長い時間我慢できるワケがない。

もし本当に中毒なら我慢できずに、起きて煙草に手を伸ばす筈だ。

 

起きている時に、例えば海外渡航のフライトで、6時間我慢した後の一服は、我慢に我慢を重ねた後の「会心の一服」だった。

それはきっとアンタも同じだろ?

 

でも、目覚めの後の一服は違ったんだ。

別に我慢をした感覚など無いし、ただただ「旨い」とだけ思って吸っていた。

 

 

さぁ、

そういうワケで「ニコチン中毒」についてのワタシの考え方は、方向転換せざるを得なかった。

 

アンタの考えはどうだろうか?

 

↓↓↓ 記事一覧へ ↓↓↓

k-taishuu.hatenadiary.jp

スポンサーリンク